2011年06月15日

手術・・・

DSC_0985.jpg


午前中から午後、手術終了までの時間、仕事何をしていたのか覚えて無いくらいでしたが
相方から連絡があり、「手術は無事終わり、今日の晩、面会に来て大丈夫ですよ」との事

定時に仕事を終え、すぐに病院へ。

病院へ行くとケージの中でエリザベスカラーをつけて、点滴をしてぐったりとしてやつれた感じのこはが・・・
しかも僕達の姿を見ても「シャーーー!」と威嚇してくる程に・・・
触ってもいいとの事だったのでケージを開けて触ると威嚇をやめて目を細めて撫でさせてくれた。
本当に可愛そうな事をしてしまい、すまない気持ちと後悔で涙がにじむ。
しかし横で「ごめんね、ごめんね・・・」と相方が号泣しているので僕は必死で我慢。

先生に結果を聞くと
「胃にも残っていたが腸にも流れており、端の方はほつれて絡まって奥まで流れていた」との事
「絡まっていたので結局3箇所切らなければリボンが取れなかった。早く手術して正解だった」との事でした。


摘出されたリボンを見ると予想以上に長く、辛い思いをさせてしまった事に後悔とすまない気持ちばかりが募りました。

今後は約5日間入院で、数日絶食、1日中点滴生活との事。
1ヶ月後には腸も元の太さにもどり体も何の問題もなく元通りになるとおっしゃっていただき、少し安堵しました。
先生から「毎日面会に来て大丈夫ですよ」と言ってもらったのが嬉しかった。

家に帰るとこはのいない家は温度が数度下がっている様な暗い雰囲気に。
まだこはと生活しだして半年位ですがこはがいない生活は考えられない程になっているんだと改めて実感。
それにいつもよくいた場所を何気なく目で追ってしまう。

こはのトイレを見てみると吐いてる形跡が。
トイレで吐こうという気持ちと(違うとしても)
やはりそうとう辛かったんだなとここでも泣きそうになってしまう。

晩御飯を食べる時、いつもこはは食事の輪にまざろうとしてか、人間のご飯を食べようとはしないものの
テーブルの上に乗って一緒の空間にいようとしていた。

そのこはがいない事で不意に涙が止まらなくなった。
寝る時も色々思って涙があふれた。
ここ数ヶ月の間に避妊手術と今回で2回もお腹を切るという事をしてしまった。飼い主失格すぎる。

今後紐系のモノは放置は絶対しない。大丈夫であろう、と勝手に思い込まず、危険だなと思うモノは片付ける。
普段からもっと部屋をキレイにしなくてはと改めて痛感しました。

これから幸せな生活を送ってもらうためにも徹底しなければいけない。
早く元気になってほしい・・・

つづく


にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ
にほんブログ村
posted by haco at 12:32| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

緊急手術

DSC_0653.jpg


次の日の朝、
相方にこの日は仕事を休んでもらいこはの様子を診てもらう事に。
相変わらず元気も食欲も無い。
僕は後ろ髪を引かれながら会社へ・・・・

すると出勤中の電車の中で相方からメールが
「今さっき吐いて、リボンが30cm程出てきた!」
との事、もう誤食確定。そうであろうと思っていたもののショックがでかい。

しかし、まだ残り60cm近く残っているし、悲観していても始まらないので
電車からおりてすぐ相方に連絡。

相方から病院に連絡してもらうと
「胃にまだあるならラッキーで切るのも少なくすむから早く手術した方がいい」
との話だと・・・

言われる事はわかる・・・だが、だからと言ってこはのお腹を開けるという事に
「そうですね」と即答する事ができない・・・

しかしうだうだ悩んでいても始まらないのでまずは相方に病院に行ってもらい、先生に診てもらって
最悪の場合は手術と覚悟を決める。

その間、会社で症状をネットで調べまくる。
胃に残っているなら内視鏡で取れないかとか、
バリウム飲ませてみて便から出ないかとか調べてもう一度先生に電話。

「内視鏡でやるのは出来るが、もし、リボンが腸に入っていたら内視鏡では取れないし
吐いたリボンが切れて出ているのはもうすでに端が腸に入っているからだろう」との事。

「内視鏡をするといっても腸に行っていた場合、結局は開腹するしかなく、しかも手術時間が倍かかり体の負担が大きくなる」と・・・

便に出るかもとの事も先生は最後まで手術をするか、様子をみるか悩んでらっしゃったのですが
最後は手術した方がいいと判断。

残り60cm位あるリボンが胃にも残って、腸にも入ってる段階で腸を傷つけずに便から出てくるラッキーをひたすら願うより
すでに食欲も元気も無い状態なので
早い段階で手術をして体力がある内に確実に取り除けるという方を断腸の思いで選択。

この日、すぐに手術をしてもらう事に・・・

つづく


にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ
にほんブログ村
posted by haco at 10:18| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

リボンがない!!誤食?!

もう3ヶ月程前の話ですが・・・
教訓として残しておきます。


DSC_0118.jpg


ある日曜日の朝、「リボンがない!!」
相方の声で目が覚めた。

話を聞くと土曜の夜にはあった長さ80〜100cm程のサテンのリボンが無くなってるという。
しかも、早朝、こはが「連続で咳のような声を上げてた様な気が・・・」とも・・・

まさか1mからあるリボンを飲み込んだのか・・・

まずは家の中リボンを探し回るも出てこない。
ご飯を見るといつもならなくなってるはずのご飯が残りまくり
こはを見ると動きが鈍く、あきらかに元気が無い様子。

これはマズイと即病院へ。

先生に話をするともし飲んでいたらかなりまずい様子。
最悪開腹手術もありうると・・・・

本当に食べたかわからないし
紐などはレントゲンには写り難いとの事だったがレントゲンを撮ってもらう。

レントゲンを見ると腸には便が普通にあり、
胃にも何かがある形跡はあるものの、それがリボンかは判別できず・・・

胃にたまってるかもしれないので吐かせる注射をしてもらい吐かせる事に。

しかし、緊張して吐くのを我慢するのか、耐性があるのか吐いてくれない。
何をしても吐いてくれない・・・

まだリボンを食べたと確定したわけではないのでまずは様子見するしかないとの事、
ただ、もしも飲んでいたら緊急を要するかもしれないので
朝、晩と電話で様子を教えて下さいとの言葉を先生からいただき
不安な気持ちを抑えつつこの日は家帰宅。

家に帰ってからはえずいたり吐いたりする事はないものの
体の動きは鈍く、食欲もまったく無い感じ。。。
その間家をひっくり返す勢いでリボンを探すも発見できず。

夜、先生に連絡。さっき診てもらった時と状態は変わらないので
「また明日朝連絡下さい。」と言ってもらい様子を見る事に・・・

つづく


にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ
にほんブログ村
posted by haco at 11:16| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

至福の時

DSC_0644.jpg

少し前までは何故かお風呂あがりに必ず寄ってきて僕の手を噛んでじゃれた後
ごろりとなる至福のひと時があったのに・・・


最近は無い・・・悲しいかぎりです^^;


にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ
にほんブログ村
posted by haco at 09:37| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

ハイテクおもちゃ?

iPad2に「game for cats」を入れてみた。


DSC_0142.jpg
「何この赤いの・・・」

この赤いポイントが画面を動き回って
猫の狩猟本能を引き出す仕組み。


DSC_0145.jpg
「この赤いのを追えばいいのね・・・てい」

多少興味は引くものの寝そべってちょっと追ってみる程度^^;
あまりお気に召さないみたい。


DSC_0153.jpg
「やっぱりこれがイチバンよね シャシャシャ!」

なんだかんだでシンプルなトンボちゃんが一番食いつきがいいみたいですw


にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ
にほんブログ村
posted by haco at 10:19| Comment(2) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。