2011年06月11日

リボンがない!!誤食?!

もう3ヶ月程前の話ですが・・・
教訓として残しておきます。


DSC_0118.jpg


ある日曜日の朝、「リボンがない!!」
相方の声で目が覚めた。

話を聞くと土曜の夜にはあった長さ80〜100cm程のサテンのリボンが無くなってるという。
しかも、早朝、こはが「連続で咳のような声を上げてた様な気が・・・」とも・・・

まさか1mからあるリボンを飲み込んだのか・・・

まずは家の中リボンを探し回るも出てこない。
ご飯を見るといつもならなくなってるはずのご飯が残りまくり
こはを見ると動きが鈍く、あきらかに元気が無い様子。

これはマズイと即病院へ。

先生に話をするともし飲んでいたらかなりまずい様子。
最悪開腹手術もありうると・・・・

本当に食べたかわからないし
紐などはレントゲンには写り難いとの事だったがレントゲンを撮ってもらう。

レントゲンを見ると腸には便が普通にあり、
胃にも何かがある形跡はあるものの、それがリボンかは判別できず・・・

胃にたまってるかもしれないので吐かせる注射をしてもらい吐かせる事に。

しかし、緊張して吐くのを我慢するのか、耐性があるのか吐いてくれない。
何をしても吐いてくれない・・・

まだリボンを食べたと確定したわけではないのでまずは様子見するしかないとの事、
ただ、もしも飲んでいたら緊急を要するかもしれないので
朝、晩と電話で様子を教えて下さいとの言葉を先生からいただき
不安な気持ちを抑えつつこの日は家帰宅。

家に帰ってからはえずいたり吐いたりする事はないものの
体の動きは鈍く、食欲もまったく無い感じ。。。
その間家をひっくり返す勢いでリボンを探すも発見できず。

夜、先生に連絡。さっき診てもらった時と状態は変わらないので
「また明日朝連絡下さい。」と言ってもらい様子を見る事に・・・

つづく


にほんブログ村 猫ブログ マンチカンへ
にほんブログ村
posted by haco at 11:16| Comment(0) | ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。